ポイント還元サービスは消費税の負担を減らせますが、終了後もキャシュレスを使うか考える必要があります。

今回の還元サービスの概要

増税対策で始まったポイント還元サービス

2019年10月1日から消費税の増税が開始され、「キャッシュレス決済によるポイント還元サービス」が同時に実行されました。
このポイント還元サービスは、「消費税による影響を緩和させる」ことと「キャッシュレス化の流れを作る」ことを同時に達成すべく行われた景気対策です。

 

今回の「ポイント還元サービス」の概要を抑えておきましょう。

 

加盟店舗でポイント還元か即時割引

今回のポイント還元サービスの内容は、「『中小規模の店舗』で『キャッシュレス決済』を行うと『2%または5%』の『ポイント還元』もしくは『ポイント相当の即時値引き』が行われる」というものです。

 

対象となるキャッシュレス決済の手段は

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • モバイル決済

などです。
加盟店舗は現在も増えており、還元を受けられる店舗かどうかを事前に確認してサービスを利用する必要があります。

 

9ヶ月間の期間限定の対策

注意しておきたい点は、ポイント還元サービスは10月1日から翌年6月までの「9ヶ月間限定」の取り組みであるということです。
しかしこの期間にお買い物をすれば、「消費税の負担を減らすことができる」のは間違いないと言えます。

 

還元サービスが落ち着いた時の対応

増税に伴いキャンペーンが始まった「キャッシュレス決済によるポイント還元サービス」が9ヶ月で終わりを迎えることが決定している以上、終了以降もキャッシュレスを使い続けるべきか考える必要があります。

 

しばらくはキャッシュレスを使う

ポイント還元終わっても利用したいキャッシュレス

特にアプリを利用したモバイルでの決済においては、ポイントの付与時期が遅い場合があります。
ポイントの付与時期を最大1ヶ月と見込んでも、キャンペーンが終了してからポイントを使い切るまでは時間が掛かることが想定できます。

 

また、新たなキャンペーンが打ち出されないとも限りません。
ポイントを使い切るという観点でも、現在のポイント還元キャンペーンが終わってからも、しばらくはキャッシュレスを利用して様子を見ておいた方がいいでしょう。

 

場合によっては現金決済に戻る

以前は主に現金決済を使っていた方の場合、今回のキャンペーンが終了したら「現金決済に戻る」という意見は少なくありません。
現在は政府が店舗に対してキャッシュレスにかかる手数料を負担している部分もあり、キャンペーン終了と同時に店舗がどのような動きをするかは予想しきれません

 

今後の動き次第で、キャッシュレスで決済するメリットを感じることができなくなった場合は「現金決済に戻すこと」も検討した方がいいかもしれません。

 

キャッシュレス事業者の動向をチェックしておく

キャッシュレス情報を集める女性

政府が還元サービスに対して支援する期間が決まっている以上、必ず「キャッシュレスの波」が落ち着くタイミングが訪れます

 

その時にキャッシュレスを使い続けるかどうか見極めるためにも、これを機に常に最新のキャッシュレス情報にアンテナを立てておくというのはいかがでしょうか?

TOPへ