日本において現金決済は非常に安全であり、的確な管理が行えるというメリットがあります。

再認識すべき現金のメリット

よいところもある現金

 

私たちは西暦708年から貨幣を用いて物を購入するという手段を利用してきました。
「現金」という決済手段は1,000年をも軽く超える利用によって、現代でも多くの日本人にとって「安心する」「確実性がある」といった圧倒的な信頼感をもたらしています。

 

「お金」と言う非常にセンシティブな存在をやり取りするにあたって「信頼感」というのは、決済手段を選択する事において、この上ない理由になります。
だからこそ現在も根強い「現金派」がいるのにも頷けます。

 

実際の現金派の目線から、以下のような様々なメリット考えることができます。

 

管理が的確に行える

キャッシュレスよりも管理しやすい現金

 

現金であれば、実際に扱えるお金の量を「目で確認」することができ、無駄遣いすることなくお金を扱うことができます。

 

現金にもキャッシュレスにも言えることとして、当たり前ですが「収入以上のお金は手に入らない」という絶対条件があります。
それに対してキャッシュレス決済で全てを管理する場合、「収入以上の支出にしないよう」意図的に立ち回らなければなりません

 

実際のところ、キャッシュレスでお金を上手に計算するためには「計画性」という、ある程度の素質が必要になります。
このことに気づけていない人は、最悪の場合「キャッシュレス決済をするためのお金をよそで借りる」という状況を発生させ、泥沼から抜け出せない事態を起こしかねません。

 

そうした事態を起こさないために、給料日には振り込まれたお金を現金化し、

  • 今月の食費
  • 今月の光熱費
  • 今月の交際費

のように、封筒を用意して現金を振り分けておくことで、「何に使うべきお金なのか」を強く意識することができます。

 

そうして厳密に管理されたお金は「0円」になったとしても、それ以上使えるものはありません。
このように計画できるのは現金ならではのメリットと言えます。

 

現金決済のシステムが他国より整っている

現金を利用しやすい日本

日本がここまで現金から離脱できないのは、他国に比べてキャッシュレス決済である必要性が薄いからという理由も挙げることができます。

 

実際にキャッシュレス決済比率が「60%」を超える中国では「偽札が日常的に出回る」という理由が「キャッシュレス化」を急速に進めた理由の1つになりました。
そうした面を考えると、現状日本では偽札が出回る事態はそう多くなく、日本の現金決済は非常に安全で「信頼に値する」という意見にも頷くことができます。

 

実はキャッシュレス決済比率世界3位のスウェーデンでも同様の理由でキャッシュレスの普及を加速させた背景があります。
そのような事実を垣間見ると、ここまで現金に対して信頼感のある国も珍しく、現金を日本で使うということは十分メリットであると言えるでしょう。

 

日本においては現金決済もメリットになる

メリットを考えると日本においての現金決済は一概に否定できるものではありません。
しかし、キャッシュレスの環境もこれから一層整ってくる計画があります。

 

我々日本人には、「現金」と「キャッシュレス」の上手な使い分けを期待されているのではないでしょうか?

TOPへ